笑う黒犬の憂鬱

妻をなくした黒犬が這い回る日常を綴っています

His favorite jacket

日曜日。


インフルエンザで一週間近く接触していなかった息子たちに「久しぶりに外出しよう」と言った。


次男は「行く」と言ったが、長男は「いい」と言った。きっと誰もいないリビングでAmazonプライムビデオ三昧をするつもりだろう。全く。


ショッピングモールに行って、次男に「何でもいくつでも好きな服を買いな」と言った。


もう冬なのに、次男はいつも似たような短パンジャージにブカブカのパーカーで雪駄履きといった姿だ。中2なんだからもっとオシャレすべきだと思うのだ。


なのに選んだ持ってきた服は、全部似たようなブカブカのパーカーと短パンジャージばかり。「もっとカッコいいジーンズとか、ジャケットとか買えばいいのに」と意見しても、「オレ、これが楽だから」と言って聞かない。まあ、仕方がないので全部購入。冬なのに雪駄履きかよ。


僕も久しぶりに上着を買った。

アルファ社のフライトジャケット。

こういうのがカッコいいと思うのだが。

でも次男に「よかったらあげるぜ」と言っても見向きもしない。嬉しそうに、新しいニャンコ柄のパーカーに袖を通している。



姉と母と姪に誘われて、夕方は外食に出た。


次男はもちろん、お気に入りの新しいニャンコ柄を誇らしげに着て出かけた。その次男を背後から見た姪が、大笑いしながら言った。


「ねえ、そのパーカー、フードにネコミミがついてるよっ」



ホントだ。僕も気づかなかった。

ネコミミフードだ、これ。


最初は戸惑った顔の次男だったが、皆に笑われて、まんざらでもない感じで笑顔になった。


家に帰っても、次男はパーカーを脱ごうとはしなかった。


次の日の朝、いつものように次男を起こしに部屋に行った僕は、ベッドの中でネコミミフードをかぶって幸せそうに眠る次男の姿を見た。

ヒーロー

ヒーローとは何か


守るべき愛するもののためにその力を発揮して


風を割き 地を走り 悪を倒す


それがヒーロー




しかしどうだ


守るべき愛するものが死んでしまったとしたら


守るべきものも 頼れる仲間も


意図的にみんな消されてしまっていたとしたら


悪意ある誰かに 計画的に



僕は誰のために戦うのだ


誰も僕が戦うことを望んでいないのに


それでも腹に抱えた理想のために戦う?



それは単なる


エゴイズムな戦争行為だ


そんなのはヒーローなんかじゃない


ただの自分勝手で考え足らずな


そして力足らずで可哀想な独裁者だ






そんな夢みて、さっき目覚めました。


さーて、夕ご飯作ろうっと。

無敵超人ザンボット3

何度も言うが、僕はスーパーヒーローとスーパーロボットが大好きだ。

自分も誰かの役に立つために自らのスペックを高めて日々戦う。そして、誰かの役に立って、笑ってもらうのが生き甲斐だ。


子どもの頃から、そういうドラマとか映画とか特撮とかアニメとかばかり見て育ったのだ。

悪いことも、悪いやつも、許さない。




ただ、「ザンボット3」は大嫌いだった。



地球のみんなのために、地球を支配しようとする悪と命がけで戦っているのに、守られている地球人は自分の都合優先でザンボット3を迫害する。


「こんな地球人助けなくていい!」と子ども心に思った。


でもザンボット3は、最後まで戦った。


人々から恨まれ、友だちを亡くし、家族を亡くし、恋人を亡くし、最後は身体も機体もボロボロになって、ずっと一緒に戦ってきた戦友も全員死んだ。


そしてギリギリ地球を救った。


ずっと彼らを迫害し続けていた

地球人はみんな幸せになりました。とさ。


子ども心に納得がいかなかった。

この行動は正しかったのだろうか。

正義とは何か、 正義とは、




未だによくわからない。




自分の信念。


まわりの人間への利益還元。


かけがえのない人との幸せな時間。


一人の犠牲も出さない世界。




僕が一番に守らなければいけなかったのは

何だったのだろう。



どこで間違えたのだろう。