笑う黒犬の憂鬱

妻をなくした黒犬が這い回る日常を綴っています

冬仕度

数年前まで冬でも半袖半ズボンで大丈夫だった僕だが、最近は代謝が落ちたのか疲れているのかメンタル落ちているのか、とにかく寒いのだ。まあ最近まで半袖半ズボンでいた僕が悪いわけだがな。いずれにせよ歳はとりたくないものだ。



先週末に衣替えをした。久しぶり着る冬物は、なるほど暖かい。

未だに半袖半ズボンで寒がっている次男にも教えてやらないとな。



亡くなってからずっとしまってあった、妻の石油ストーブも久しぶりに出してみた。子どもたちの塾帰りを待ちながら。

これで半袖半ズボンの次男が、天井のエアコンに向かって震える手を伸ばすこともなくなるな。


2年振りに暑いくらいあったかいぜ。


早く帰っておいで。

アカムツ

「来月はアカムツ釣って帰ってくるから」


と妻に豪語して、ポイント調べて、メタルジグとかフックとか、PEラインとか全部用意してたのにな。





あれから3年。




妻が病んでから3年釣りに行っていない。


多分僕は、もう一生釣りをしないのだろう。



僕が釣りに行っている間、家を守ってくれた誰かがいないとね。


帰った時に僕が釣った魚を、喜んでさばいてくれる誰かがいないとね。




釣りは、楽しくない。





やさぐれています。


すみません。

夢の中

働いて


働いて


汗に埋もれて


間違えて


間違えて


手も足も


出せなくて


寂しいよって


泣いてても


何も元へはもう


戻らない


欲しいものはいつも


遠い雲の上



明日もどこか


祭りを探して


この世の向こうへ


連れて 行って おくれ


夢の中


雲の上


夢の中


雲の上





ボガンボス 「夢の中」2番から

これも妻に贈ったカセットテープに入れた曲


寂しいよって 泣いてても

何も元へはもう 戻らない ようだ

欲しいものは すでに

遠い雲の上 なようだ


そうか


そうだよな


さて


あと2時間寝よう