笑う黒犬の憂鬱

妻をなくした黒犬が這い回る日常を綴っています

待ち時間

仕事帰りの僕は買い物をしてご飯をつくり

とりあえずそれを食べダイニングに座っている


塾に通う次男が帰るまであと約40分

僕は炭酸水を飲み、スマホをいじりながら、

次男の帰りを待つ。




ナス炒めも

ロールキャベツも

とりあえず食ってくれますように。


というか


早く帰ってくるように。

僕は明日も早いのだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。