笑う黒犬の憂鬱

妻をなくした黒犬が這い回る日常を綴っています

追想64「オレはジャイアン」

<2017年8月8日>


「母さんの見舞いに行く」と言うと、最近次男は「オレはいいかな」と言う。


「悲しい気持ちから逃げたい」と言う。


長男は一緒についてくるが、ほとんど病室にはいない。何をしてるかは把握してないが、できれば人に迷惑をかけていないでいてほしい。




息子たちを責めるつもりはない。

現実を受け止めるのはキツい。


と言うか、僕も結構キツい。




意識がほとんどない妻をただただ見つめる時間は、結構な地獄だ。


なので、続柄「子」のお前たちは、逃げてよし。


オレは逃げねえぞ。だって続柄「夫」だから。




いい方法を思いついた。


君の好きな曲を練習して、聞かせにいくよ。


毎回10曲。


聞かせにいくよ。


ネイルとか、オイルマッサージとか、

そういう気が効いたことはオレにはできねえ。

(ホント、みなさんありがとうございます。)



じゃあ、オレが今の君のためにできることは何?



わかんねえ。だから歌うよ。




「オレーはジャイアンーガキ大将ー♫」



ってな。歌い続けてやる。



結構な地獄だな。




今日も明日も、

あなたが幸せでありますように。


そう願って歌う。


嘘じゃねえぞ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。