笑う黒犬の憂鬱

妻をなくした黒犬が這い回る日常を綴っています

追想65「家族旅行」

<2017年8月11日>


毎年この時期に家族旅行に行く。


行き先はいつも同じ海だ。


今年はどうしようかと思ったが、子どもたちが「行きたい」というのでやってきた。




青い美しい海。


一面のひまわり畑。


毎年変わらない景色だが、


助手席には妻がいない。






ビーチには、家族連れが多い。


目の前の水際では、小さな女の子が母親に手を引かれて歩いている。


隣のテントでは、男の子たちが母親に叱られている。


しかし、僕らの家族旅行には母親がいない。


何だか、かえって悲しい気持ちだな。こりゃ。






まわりの光景をぼんやり眺めながら、

多分息子たちも同じ気分になっていたのだろう。


笑顔と会話のない時間がしばらく続いた。



そんな子どもたちを全力でもてなして、海を後にした。


豪華な夕食の美味しそうなところは、全部子どもたちに食べさせた。


夜は、妻の夢を何度も見て目が覚めた。




帰りは、病院に寄ろう。




それでやっと、我が家の家族旅行が完成する。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。