笑う黒犬の憂鬱

妻をなくした黒犬が這い回る日常を綴っています

おばかちゃん再起動

妻の葬儀を終えた、翌々8月31日の早朝。


僕の隣で目を覚ました長男は、自分の部屋へ行って制服に着替えて戻ってきた。


そういや今日から学校だって言ってたっけ。


制服の長男は、自分で朝食を用意して食べ、皿を洗って、電車に間に合う時間に家を出た。


立派になったものだ。

こういうところは、さすがに長男。

次男はまだ、僕の足下でだらしなく寝ている。





眠る次男を1人家に残し、僕も仕事に向かう。


忌引休暇中だが、結局毎日出勤している。


仕事をしていると気が紛れるっていうのもあるかもしれない。家で一人の次男が心配だな。はやくやっつけて帰るとしよう。


そんなことを考えながら仕事していたら、


僕の携帯が鳴った。



長男の通う高校からだ。



一体何が…




「あのー、今、丸井くんが登校してきたんですけどね、始業式は明日なので帰らせました。ご承知おきください。」




父さんは、穴があったら入りたい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。