笑う黒犬の憂鬱

妻をなくした黒犬が這い回る日常を綴っています

おばかちゃんのアイフォン

妻の葬儀からおよそ2ヶ月が過ぎた。


次男が破壊したiPhoneSE。およそ数十時間かけて調べて電話して妻の形見のiPhone6sに次男のデータを乗り換え完了した。


我が家の携帯ダンジョンを、僕はようやくクリアしたのだ。


勇者黒犬を讃えるがいい。


ホントめんどくさいんだからな。

正直もう2度とゴメンだ。




なのにだな。


日曜日に捨て猫の目をしてやってきた次男が握っていたのはだな。




完全破壊された、母さんの形見の6s。


また落として壊したんだと。

通算5回目。破壊したデバイスは4台。

もう、ホントおばかちゃんすぎて、開いた口が塞がらん。


おまえどんだけ父さんの時間とお金持っていくのよ?ふざけんじゃねえ。


ホント、おばかちゃんだよな。


まあでも、やっちまったもんは仕方ないな。


…調べるか、はあ。



まあ仕方ないな。


妻も含めて、そんなみんなを

僕は「愛している。」らしいのだ。


全くもって面倒くさいのだが、そんな気持ちの悪い言葉にこの身を委ねるしかないよな。



感謝しやがれっ。



マジホント。


…もう落とさないでね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。