笑う黒犬の憂鬱

妻をなくした黒犬が這い回る日常を綴っています

空の画

意味不明に落ちている僕を心配した次男は


そんな僕の尻を蹴りながら塾に行き


おそらく電車の中で見た空の画を送ってきた




僕が落ちている時



次男はいつも空の画を送ってくる



男前だな



惚れてまうやろーーー



負けねえようにしねえとだな



オレの子に恥じぬようにオレも生きねば



だな

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。